動物と人に優しく
西荻動物病院・上石神井動物病院

西荻動物病院・上石神井動物病院 コラム7

 

NT-proBNPについて

西荻動物病院の福岡です。春になり、狂犬病ワクチンやフィラリア予防に合わせて、健康診断を推奨しております。その中で外注検査コースに含まれる心臓の評価、血中NT-proBNP濃度について、今回のコラムでは取り上げたいと思います。

BNPとは

 まずBNPとは、「脳性(B型)ナトリウム利尿ペプチド(最初は脳で発見された)」と言われるもので、心臓壁の伸展や心臓への負担(ストレス)に対して心筋から生成・分泌されるホルモンの1つです。この分泌は心臓障害の重症度とよく相関することがわかっており、この測定は心臓疾患の早期発見、重症度の評価、治療効果の評価などに役立っています。

 BNPは不活性型の前駆体として分泌され、その分子がBNPとNT-proBNPに分断され、BNPが活性を持ちます。(難しい話になりましたが、要するに)測定方法にはBNPを測定する方法とNT-proBNPを測定する方法があります。当院が利用している検査センターでは、半減期の長いNT-proBNPの測定を採用しています。

NT-proBNP結果の解釈

 検査値の評価は以下の通りですが、血圧の状態や腎臓機能など、様々な要因も数値に影響する可能性があり、あくまで検査の1つとして、臨床症状などと合わせて総合的に評価する必要があります。

 そしてもし異常がみられた場合には、心エコー検査、必要に応じて胸部X線検査、心電図、血圧測定などによる詳細な循環器の評価が推奨されます。

—————————————————————————————————-

<900pmol/L:現時点では臨床的に有意な心臓病の可能性は低いと考えらます。

900〜1800 pmol/L:現時点で臨床的に有意な心臓病の可能性は高いと考えらます。詳細な心臓の評価が薦められます。

>1800pmol/L:現時点で臨床的に有意な心臓病の可能性は高いと考えらます。詳細な心臓の評価が強く薦められます。

——————————————————————————————————

——————————————————————————————————-

<100pmol/L:現時点では臨床的に有意な心臓病の可能性は低いと考えらます。

100〜270pmol/L:現時点で臨床的に有意な心臓病の可能性は高いと考えらます。詳細な心臓の評価が薦められます。

>270 pmol/L:現時点で臨床的に有意な心臓病の可能性は高いと考えらます。詳細な心臓の評価が強く薦められます。

———————————————————————————————————-

不明な点がございましたら、スタッフにお尋ねください。

関連記事

no image

緊急事態宣言中の診療について

現在緊急事態宣言下にありますが、当院では通常通り診療をしております。 予約制ではありませんのでご来院順に診療させていただ…

カテゴリ検索

診療時間

診療対象動物

犬・猫

診療科目

内科・外科・皮膚科・脳神経科・循環器科・整形外科・消化器科・泌尿器科・ワクチン・その他

診療対象動物

犬・猫

診療科目

内科・外科・皮膚科・脳神経科・循環器科・整形外科・消化器科・泌尿器科・ワクチン・その他

お支払い方法について

現金、各種クレジットカード、交通系電子マネーに対応。
クレジットカート種類

LINE

動物病院のお得な情報を
いち早くお届けします!

西荻動物病院

友だち追加

上石神井動物病院

友だち追加